熊本リハビリテーション病院 看護部

看護部紹介

  • 看護部長挨拶
  • 看護部理念
  • 看護体制について

教育サポート体制

資格取得支援

ナースの声

  • ナースの声
  • ナースの一日
  • 良くあるQ&A
採用情報はこちら!
採用エントリー
ナースブログ
介護福祉士の方はこちら
院内見学会申し込みフォーム

看護部長挨拶


熊本リハビリテーション病院
看護部長 野田小百合

思いやりのあるケアを心がけています
 当院には、罹患した病気や外傷によって、脳・脊髄・末梢神経などの神経系、筋・骨・関節などの運動器系、呼吸器・循環器・消化器などの内臓器系、平行覚などの感覚器系に何らかの障害をきたした患者様が来院されます。私たちリハビリテーション病院の看護師は、様々な疾病に伴う機能障害を持つ患者様に対して、理念である安全・安心・安楽に配慮した思いやりのあるケアの実践を心がけています。また、チーム医療の中ではチームの調整役および患者様の代弁者として関わり、患者様・ご家族と医療機関との橋渡しとしての役割を担っていきたいと考えています。


自律し、「孝動」する看護士を育てたい
 看護職が責任ある医療を実践するためには、リハビリテーション病院の看護師としての専門的な知識・技術が必要です。院内・院外の研修に積極的に参加することで専門職として自己研鑽に努めるようにしています。人は組織における財産です。当院では、思いやりをもって人と接すること、自律して考動(考えて動くこと)することができる看護職を育てていきたいと考えています。院内には脳卒中認定看護師・回復期リハビリテーション認定看護師などの資格を持ち、専門知識を活かして活動しているナースもいます。充実した教育体制のもと、専任の教育師長とともに看護師のスキルアップをサポートさせていただきます。