言語聴覚科

言語聴覚療法(ST)では、脳卒中や事故による頭部外傷、神経疾患などによって起こる失語症や構音障害、摂食・嚥下障害などの障害に対して評価・訓練を行います。また本人様・ご家族に対して必要となる助言・指導その他の援助も行い、より豊かな生活が送れるよう支援します。

失語症
失語症

失語症は脳卒中などにより、左半球にある言語中枢が損傷されることによって起こる言語機能の障害です。話し言葉だけでなく、「聴く」「読む」「書く」「計算する」など、全ての側面において障害されます。言語機能そのものの改善を目指した訓練や、ジェスチャー・描画などの手段を用いてコミュニケーション能力を高める訓練を行います。

運動障害性構音障害

運動障害性構音障害は発声・発語に必要な器官(唇や舌など)の麻痺により、話し言葉が不明瞭になる障害です。訓練は唇や舌などの運動訓練の他、ゆっくり短く話すなど話し方について指導していきます。

 
摂食・嚥下障害
摂食・嚥下障害

摂食・嚥下障害は唇や舌、喉の麻痺などにより食べることが難しくなる障害です。訓練には食物を用いない間接的嚥下訓練と、食べ物を用いる直接的嚥下訓練があります。当院ではより客観的な評価ができる嚥下造影検査(VF検査)や嚥下内視鏡検査(VE検査)を行っています。

  • リハビリのご案内
  • 看護部ホームページ

関連施設のご案内

  • 熊本整形外科病院
  • 南郷谷整形外科医院
  • 老人介護保健施設 サンライズヒル
  • 老人介護福祉施設 サンライズヒル
  • 訪問看護ステーション ひまわり
  • 通所リハビリテーション熊リハ病院
  • 菊池地域リハビリテーション広域支援センター
  • 社会医療法人社団 熊本丸田会
ページのトップへ