運動器リハビリテーション

運動器リハビリテーションとは、骨、関節、筋肉、靭帯、神経などを損傷した患者様に対し日常生活動作の獲得、職場復帰、スポーツ復帰などを目標として、種々の運動療法、実用歩行訓練、日常生活活動訓練、物理療法、装具療法などを行います。
また、骨折などで手術が必要となった場合でも、手術前より骨折部位以外の関節拘縮や筋力低下を防ぎ、廃用症候群の予防目的に病室でのリハビリも行っています。

関節可動域訓練

関節可動域の維持・改善を図ります

徒手療法

起立矯正板

CPM(持続的他動運動)
装置が自動で動き可動域の改善を行いますが、角度は患者本人が調整する為、痛みのない範囲での内外旋運動を他動的に行うものです。

筋力増強訓練

筋力の維持・増大を図ります

重錘

鉄アレイ

メディシンボール

スリング

トレーニングチューブ

ボール

セラバンド

セラバンド

バランス訓練

不安定な状況を設定し、全身を使ってバランスをとる訓練をします。

重錘

ストレッチポール

メディシンボール

荷重訓練
 
筋力・体力向上訓練

エチュードボー
下肢の骨折や術後の患者様に対して、視覚的・聴覚的フィードバックを用いて段階的に荷重量を調整します。

 

エルゴメーター
スポーツを実際に行っている状態と似た条件の負荷をかけて、患者様の筋力・筋持久力向上を図ります。

協調訓練

足の裏に刺激を与えることで、下肢の協調性を向上させます。

重錘

タオルギャザー

スライディング ボード

  • リハビリのご案内
  • 看護部ホームページ

関連施設のご案内

  • 熊本整形外科病院
  • 南郷谷整形外科医院
  • 老人介護保健施設 サンライズヒル
  • 老人介護福祉施設 サンライズヒル
  • 訪問看護ステーション ひまわり
  • 通所リハビリテーション熊リハ病院
  • 菊池地域リハビリテーション広域支援センター
  • 社会医療法人社団 熊本丸田会
ページのトップへ