個人情報保護方針

平成17年4月から施行された「個人情報保護法」に従い、当法人では個人情報の取り扱いに規定を制定し、監査体制を強化いたします。 また、外部委託機関との間での個人情報保護を契約条項で規定いたします。 つきましては、安全で確実な医療をご提供するために、同法に基づく「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」(厚生労働省発行)に従い、当法人ご利用者の個人情報の取り扱いについて以下の点をご了解くださいますようお願いいたします。

◉患者様への診療行為を目的とするとき

社会医療法人社団熊本丸田会内部での利用。
法人内で使用する個人情報記載文書の、取り扱いや廃棄に関しては規定を作成し十分に留意いたします。

・当法人における医療・介護サービスに利用させていただきます。

・保健、医療、福祉の連携を円滑にご利用いただけますよう各施設間で情報の共有をいたします。

◉その他本人様以外の事業所などとの情報提供

治療やケアを円滑に行うために、他の病院、診療所、訪問看護ステーションなどの事業者と対象患者様の情報の交換をいたします。

・他の医療機関および介護施設などから医療・介護の提供のために照会があった場合には回答いたします。より適切な診療を行う上で、外部の医師等の意見・助言が必要な場合に情報の収集あるいは提供に利用いたします。

・外部検査業者への検査委託などの場合、誤認防止のために情報を利用いたします。

・ご家族への病状説明に利用いたします。

・企業から健康診断等の委託を受けた場合、その企業へ結果を通知いたします。

・医療保険事務で、審査支払い機関へのレセプト提出や同機関からの照会に対する回答に利用します。

・医師賠償責任保険などに係る医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または、届出に利用することがあります。

◉学会発表や学術研究に関して

・医療の発展のために匿名化した上で利用させていただくことがあります。

尚匿名化困難な場合は、ご本人様の同意をいただいた上で利用させていただきます

◉国または公共団体などへの情報提供に関して

・個人情報保護法等法令に基づく国等の公共団体からの協力依頼があった場合には例外として、ご本人の同意を得ることなく利用する場合があります。

以上につきまして、不明な点および異議がある場合には、遠慮なく対応窓口へお申し付けください。尚、ご本人の個人情報はお申し出により開示させていただきますが診療記録の開示に関しては別途開示規定に従わせていただきます。
以上の点に同意されなくとも、何ら不利益は生じません。
さらに、同意および保留はお申し出によりいつでも変更が可能です。

◉その他同意について

電話、面会者からの部屋番号の問い合わせへの回答を望まない場合にはお申し出下さい。
外来等での氏名呼び出しや病室における氏名の掲示を望まない場合にはお申し出ください。
ご家族等への診断書等の受け渡しについて望まない場合にはお申し出ください。
その他、不明な点および異議がある場合には、遠慮なく対応窓口へお申し付けください。尚、ご本人の個人情報はお申し出により開示させて頂きますが診療録の開示に関しては別途開示規定に従わせて頂きます。
以上の点に同意されなくとも、患者様に何ら不利益は生じません。
同意および保留はお申し出により、いつでも変更が可能です。

個人情報保護相談窓口(担当:白石)
平成17年4月 社会医療法人社団熊本丸田会

通常の業務で想定される個人情報の使用目的

◉患者様等への医療の提供に必要な利用目的

〔当院での利用〕

・当院で患者様等(検診・健診・ドックを含む)に提供する医療
・医療保険事務
・患者様に係る管理運営業務のうち、
-入退院等の病棟管理
-会計・経理
-質向上・安全確保・医療事故あるいは未然防止等の分析・報告
-患者様等への医療サービスの向上

〔他の事業者等への情報提供〕

・当院が患者様等に提供する医療のうち、
-他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
-他の医療機関等からの照会への回答
-患者様等の診療等に当たり、外部の医師等の意見・助言を求める場合
-検体検査業務の委託・その他の業務委託
-家族等への病状説明
・医療保険事務のうち、
-保険事務の委託
-審査支払機関又は保険者へのレセプトの提出
-審査支払機関又は保険者からの照会への回答
・事業者等からの委託を受けて健康診断等を行った場合における、事業者等へのその結果の通知
・医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
・第3者機関への質向上・安全確保・医療事故対応・未然防止等のための報告

◉上記以外の利用目的

〔当院での利用〕

・医療機関等の管理運営業務のうち、
-医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
-医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士・医療事務等の学生実習への協力
-医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士等の教育・研修
-症例検討・研究および剖検・臨床病理検討会等の死因検討
-研究、治験及び市販後臨床試験の場合。関係する法令、指針に従い進める。
-治療経過および予後調査、満足度調査や業務改善のためのアンケート調査

◉学会・医学誌等への発表

・特定の患者・利用者・関係者の症例や事例の学会、研究会、学会誌等での報告は、氏名、生年月日、住所等を消去することで匿名化する。匿名化困難な場合は、本人の同意を得る。

◉他の事業所等への情報提供を伴う事例

・当院の管理運営業務のうち、
-外部監査機関への情報提供
-当該利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所等との連携(サービス担当者会議等)、
照会への回答

当院としましては、可能な限り患者様の個人情報保護にご配慮いたしておりますが、医師の回診時には病状、治療方針、検査結果などについてのご報告及びご説明の必要があり、近隣のベッドの方等に会話の内容が聞こえることがあります。前記の内容について同意しがたい場合には、スタッフまでお申し付け下さい。